大橋日記

第32回ふるさとまつり

8/28(日)に東藻琴で第32回ふるさとまつりが開催されました。
メインの「ロール転がしどってん酷」には約60チームが参加して、500kgの牧草ロールを
転がしてタイムを競いました。
当日は気温が30度以上 ゆだるような暑さでしたが、懸命にロールをおしていました。
参加者の皆さん お疲れ様でした!

焼肉会場では「知床牛」が炭火で焼かれ、なんとも言えないいい香りが漂っていました。

会長の姉90才が四国から訪れてくれました

会長の姉90才が四国から訪れてくれました。5泊こちらに滞在し兄弟姉妹たちと
充分楽しんで、亡くなった兄弟・姉妹の供養を地元の大法寺で行い、昔、昔の
話を何年分も声がかれるまで・・・・・・。
牧場で知床牛を満腹になるまで味わってもらいました。
皆さん、おばさん、いつまでもお元気で!

四国のおばさんと会長。再会を喜びあいました

知床牛でおもてなし。笑いが絶えない楽しい昼食会となりました。

最後は皆で記念撮影。また会える日まで・・・

8月のご挨拶

8月です。お昼ぐらい迄、温かく、夕方には、かなり涼しくなります。
秋が、どこよりも早く訪れそうです。
先日、旧宮原町の中学生達が、20名牧場に来てくださいました。ありがとうございます。
知床牛の赤ちゃんに名前をつけたりして、楽しんでもらいました。

牧場のバラの花が、とても美しく、咲いています。
是非、知床牛のふるさと大空町東藻琴に遊びに来てください。
暑さが、過ぎ だんだん食欲の増す季節です。
知床牛は、ますます、ほどよい 美味しいお肉に、進化します。
是非、知床牛をご賞味いただきたいです。
頑張ります! 感謝 感謝

ふれ愛・スタディin大空町

熊本県八代郡氷川町(旧宮原町)の中学生の皆さんが、ふれ愛・スタディin大空町の際大橋牧場を見学に来牧しました。
一人の登校拒否の高校生を昭和60年に預かり、現 氷川町在住、尾上歯科(尾上宗一氏)様との縁で、旧東藻琴村 大橋牧場の案で姉妹都市になり、26年のルーツを牧場の庭で生徒さんたちに説明いたしました。ちょうど先日生まれた和牛のメスの赤ちゃんがいたので、子どもにジャンケンをしてもらい、勝利した「まりん」ちゃんの名前を付けることにしました。
その前に生まれているオスの赤ちゃんには、「武佐志」と名前をつけました。
皆さん、良い視察旅行をしてくださいね!!

旧東藻琴村と旧宮原町 26年のルーツを説明しています。

生徒さんや引率の皆さんと記念撮影。ゆっくり見てくださいね。

牧場生まれの牛を見学しています。「かわいいね!」

ジャンケンに勝った「まりん」ちゃんの名前が7月28日生まれのメスにつきました。

6月27日生まれのオスには、「武佐志」くんの名前が。(武佐志君のお姉ちゃんと記念撮影)


TOPPAGE最初のページへ  TOPページの先頭へ 
RSS FEED